Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フロムマンチェスタープレゼンツ「ミルキィズから始まる。」

前回の記事でちょこっと書いた、ミルキィズのライヴで出会ったマンチェスター人の話をしようと思います。
もうあのライヴから一週間経ったんですね。

ライヴ終了後、ライヴハウス内で行われたプチ打ち上げ。
そこには一人の外国人の方が参加していました。英語を話し雰囲気が英国人っぽい(元トルバードルズのマーク・フリス似)気がしたので、どこから来たのか尋ねると、マンチェスターだと彼は答えました。
そこで僕は「マンチェスター?!オエイシス!」と過剰反応し(笑)、彼はスミスのモリッシーと家が近いと言いました。
ジョニー・マーが好きだと僕が言うと、「君の髪型はジョニー・マーに似てるね」と言ってくれました。嬉しかった。

とりあえずそこでの話は一旦終わったんですが、僕は「そうだノエルに会ったことがあるのか聞いてみよう!」とまた馬鹿なことを思いつき、打ち上げ終了間際にまた話しかけに行きました。
すると彼は「今はノエルもリアムもロンドンにいるから会えないんだ」みたいな感じで答えてくれ、昨晩はカラオケに行って“Wonderwall”や“Champagne Supernova”を歌った話をしてくれました。僕も以前オアシスのコピーバンドをやっていた話をしました。

流れ的に会場を出るのが最後の方となり、ミルキィズのみなさんに挨拶をしてから二人で帰りました。
その帰り道で話したことがとても面白い内容でした。

彼はミルキィズのことは知らなかったそうで、今は福岡から日本を旅しているところで、夜は各地の良いライヴハウスを回っているとのことでした。

僕は英国の音楽が大好きで、彼は日本の音楽が大好きだと言いました。
これはとても素晴らしいことだと感じました。
日本のライヴハウス、音楽はどう?と聞くと、「とてもcoolだ、日本の若いバンド(new bandと表現していました)はよく練習しているし意識も高い。イギリスの若いバンドはそうでもない」と答えてくれました。これは意外な答えでした。
そして「日本のバンドがイギリスやアメリカのバンドの真似をしたとしても、それはそのままではなく、日本のサウンドがそこに入るから新しい音楽になる。coolだ。」と言っていました。
正直この話を聞いただけでも僕はこの人と出会えて良かったと思いました。

日本のロック草創期にあった日本語ロック論争やら、よく巷で言われる洋楽のパクリだ、みたいな話の解答が出た気がしました。いや、それとはまた違うのかな。
とにかく、日本の音楽の素晴らしさを英国人の立場から語ってもらったのが本当に嬉しいことでした。

それから彼は日本のギタリストの灰野敬二さんが好きだと言っていました。弾くのはとても難しいがかっこいいと言っていました。
僕は名前しか知りませんでした。やるなぁ。

そんな楽しい話をしているうちに駅の近くまで来ると、驚いたことに彼はホテルを取っておらず、これから探すと言いました。
僕も土地勘もなかったのでわからず、とりあえず一番近くのビジネスホテルの前まで来て、さよならをすることになりました。
お互いのこれからの人生を祝福しあい(彼は僕の家族の幸せも願ってくれた)、
最後に“We are the Milkees!!!”と叫んで別れました。
そう、我々の繋がりはミルキィズ。本当に感謝です。

と、ここまで書いてあれなんですが、僕は英語を話せるとは言えず、彼は日本語を全く話せないという状況で英語で話しました。
・・・よって全ての内容が定かではありません(笑)
ただ、その中で僕は少ない単語で一生懸命に話し、彼も一生懸命にそれを理解し僕がわかりやすいように話してくれたが故に成せたコミュニケーションでした。
お互いに音楽が好きという気持ちがより通じやすくしてくれたのかもしれませんね。

無事にホテルが見つかったと良いなぁ。
そして連絡先かtwitterのアカウントを教えておけば良かった。こういうことをよく忘れてしまうのです。
もしかしたら今頃、東京に来ていたりしてね。
[PR]
by modsmiley | 2011-03-29 15:57 | 音楽

ザ・ミルキィズ活動休止前ラストライヴ@神戸バックビート

e0230671_294498.jpg

3月21日は神戸のガールズロックンロールバンド、ザ・ミルキィズの活動休止前ラストライヴでした。

出会いはひょんなことからで、バンドでマーサ&ザ・ヴァンデラスの不滅のダンスナンバー「恋はヒートウェーヴ」をやろうという話になった時、メンバーがミルキィズの動画をYouTubeで見つけたことからでした。

か、かわいい。

動画を見て思わずそう言ってしまうほどで、ほどなくしてファンになりました。いや大ファンになりました。
音も素敵でパワフル、たまにあれ?と思うところがまた親近感というか、応援したくなるというか(笑)

そんなバンドが去年の12月8日、彼女達も大好きなビートルズのジョン・レノンの命日に活動休止を発表し(このタイミングは偶然だそうですが)、ラストライヴを地元神戸で行うと発表しました。

当初僕は迷っていました。凄く行きたいけど場所が神戸。ふらっと行けるような距離ではなく。。

そして追い打ちをかけるかのように起きた大地震。
中止もあり得るし、こんな時に家族を離れて良いのか、という思い。
行く予定だった他のライヴは次々と中止が決定し、被災者の方々のことを思うと次元は全く異なりますが、さすがに気も滅入ってきていました。

そんな中で、ミルキィズはラストライヴを予定通り決行、チャリティにするとの発表が。

それでも迷っていましたが、ある夜に自転車をこいでいたところ、ミルキィズの音楽を聴いたら気持ちが明るくなっていくのを感じました。
迷っている場合じゃない、これは行くしかないじゃないか。
そう決心し、神戸遠征を決めました。

神戸は好きな街です。これだけ離れているのに、訪れるのが今回で三度目なのは僕にとっては多い方です。
また、父親が今の僕と同じぐらいの年齢の頃、一年間神戸で暮らしていたこともあり、何か縁を感じてしまう街なのです。

会場は神戸バックビート。名前からして最高。こんなシルエットも壁に描かれていました。
e0230671_210860.jpg


対バンではなく俺達は前座だと言っていたゴーグルエースからスタート。
ミルキィズも所属するサザナミレーベルの社長カマチガクさん率いるバンドです。
これまで聴いてこなかったことが申し訳ないぐらいの演奏でした。
エレキでロックンロールな楽曲で踊らせるばかりか、登場はミルキィズのテーマで「俺達ゴーグルエースです!」と始めMAGIC MASHROOMのカヴァーまでやってしまう茶目っ気が最高でした。
ゴーゴーダンサーとしてホッペさんの姿があったのも驚きでした。

そしていよいよミルキィズ。

LOVE編とPEACE編の二部構成でした。
バンドも観ている方も気合いが入りすぎたのか最初は緊張気味でしたが、すぐにいつものペースを取り戻しました。
ミルキィズのライヴってほんとに楽しいんです。だから毎回行きたくなってしまいます。
そんなことも今日で一旦は終わってしまうと考えるとさびしく感じました。
彼女達は本気でLOVE&PEACEを信じることを教えてくれました。
ライヴに集まる人も小さい子や年配の方まで、本当にピースフルな雰囲気です。
このバンドには、巧さとかいったものとは別次元で人を幸せにする力があると思いました。これは初めて見た時からずっと思っていることです。

LOVE編が終わり、7年間の活動を振り返る映像があり(食べているショットが多かったのが面白かった笑)、マリンな衣装を変えて後半のPEACE編。

ここからは僕もじわじわ来てしまいました。
アルバム3枚全部好きで、それが目の前で次々に演奏されて、終わりに近づいていく。
かみしめるように演奏し息を切らすメンバーに心を打たれ。

ついに最後の曲、ミルキィズの集大成であるサードアルバムのタイトルトラック、LOVELEVER。
本当に良い曲だった。
涙ながらに想いを語ったリーダーのBerryさんとバンドメンバー、そして集まった人々が一つになったのを感じた。信じる心を抱きしめて。

そしてアンコール。
POP POP POP PIEで明るく盛り上げて、ラストは(LOVE IS LIKE A) HEATWAVE。
この曲は本当に不滅のダンスナンバーだった。
外国人の方が二人近くにいて、彼らも一緒に歌い踊っていました。
きっとメンバーにとって特別な曲だろうし、僕と同じようにこの曲がきっかけでミルキィズを知った人もいるだろう。
最後に演奏してくれて本当に嬉しかった。

終了後、ライヴハウスに残ってプチ打ち上げがあり、そこにも参加させて頂きました。
メンバーやファンの方々と交流し、本当に楽しい夜でした。
そこに前述の外国人の方が一人参加しており、彼はマンチェスター出身でした。
つたない英語ながらも面白い話ができたので、それはまた今度ここに書こうと思っています。

ファン歴は短いながらも、ミルキィズと出会えたこと、何度も聴いたCD、参加した三度のライヴ、楽しく素敵な時間を過ごせたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
活動休止は残念ですが、大きく力をもらったので、僕も頑張ろうと思いました。

LOVE&PEACE!!!
[PR]
by modsmiley | 2011-03-25 02:36 | 音楽

くるり LIVE at 武道館 2011 ~言葉にならしまへん、笑顔を見しとくれやしまへんやろか~

e0230671_15251036.jpg

くるりの武道館公演に行ってきました。
2007年に同じ場所でジョン・レノン・スーパー・ライヴで観ましたが、単独のライヴを観るのは今回が初めてでした。

定刻過ぎ、ゆっくりとメンバーが登場。ゆるくも貫禄があります。
バンドは岸田さん佐藤さんに、ドラムのboboさんとギターの山内総一郎さんの4人編成でした。

今回のアルバム『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』の1曲目、「無題」からスタート。
岸田さんのギター一本でアルバムタイトルを歌うとても短い曲。でも、雰囲気がグッと出ます。
間髪入れずに「目玉のおやじ」。バンドのアンサンブルは完璧と言っても良いほどです。
それから今回のアルバム曲を中心に、次々と曲が披露されていきました。

5曲目、とてもよく聴いたあのギターリフが。「ワンダーフォーゲル」。
CDでは打ち込みが中心の曲だったので、生のバンドで演奏されるとこんな感じなのか、と感動しました。
“何故君はいつもそんなに輝いてるの”
“こんなにも悩ましい僕らも歩き続ける”
なんて歌詞も、今の自分にぴったりすぎてやられてしまいました。
僕も水たまりに写る希望を信じていけたら、と思いました。

くるりは今回が4回目の武道館だそうで、最初は外国人が“budokan”というようなイメージだったけど今は落ち着いていられる、というような話をしていました。
岸田さんは話すことを考えていなかったそうで適当ながらも、その想いは伝わってきました。
最後には「武道館」になりました、ということも言っていて、どんなアーティストにとっても武道館でライヴをするというのは特別なんだなぁと感じました。
そしてこのくるりというバンドは、日本を代表するロックバンドとしての武道館公演を気負いなく十分すぎる程の演奏でやり遂げることのできるバンドでした。

何といっても今回のバンドはとても充実していて、この4人でくるりを名乗っても良いと思いました。
言葉になりませんが、それほどまでに「これぞくるり!」という感じが出ていました。
boboさんのドラムも安定感とグルーヴ抜群で、ギターのフジファブリック山内総一郎さんはくるりの曲を完全に自分のものとしていました。
岸田さんが歌いながらバッキングを感情的に弾いている裏で、流麗なスライドを決め時に感情的にリードを取る山内さんの姿はジョージ・ハリスンのようでした。
言って良いのか悪いのかわかりませんが4人の一体感はFAB4、ビートルズを彷彿とさせました。
それと、、岸田さんがギターを弾く時のあの独特な動きが好きです(笑)

中盤、テクニカル・ショウと表してギターに小型カメラを仕込んで手元をスクリーンに映すという試みがあり、
「飴色の部屋」と「青い空」を演奏中の手元を披露。
「青い空」はくるりの中で激しい曲という印象があったので、この試みにはぴったりだと思いました。
初期の曲で、まさに青い感じがして好きです。

岸田さんより「この曲は誰のために何のために書いたのか自分でもわからないけど、ライヴでやると景色が見えてくることがあります」と紹介があり
『ワルツを踊れ』から「ブレーメン」。
バンドアレンジでも名曲でした。溢れ出るメロディ。

「東京レレレのレ」では、武道館を二つに分けてギターフレーズを合唱させ、
しまいには岸田さんがそれに合わせて踊り出すなど、楽しい場面がありました。
こういうことができるバンドって良いですね。

本編ラストは「ロックンロール」。
僕がいたのは二階席の後ろの方で基本的には座って観ている方が多かったのですが、
この曲のギターイントロが響いた瞬間にほぼ全ての人が立ち上がりました。
僕はいまひとつこの曲の良さがわかっていませんでしたが、今夜何となくわかった気がしました。

佐藤さんの物販紹介コーナーを挟んだアンコールでは、ゲストを増やしていって曲に華を添えていきました。
中でも世武裕子さんがキーボードとコーラスで参加した「ばらの花」。
この曲を生で聴くことは念願だったので、とても嬉しいことでした。
欲をいえばもうちょっとキーボードの音がアナログっぽい音だったらなぁ、なんて。

名残惜しいアンコールラストは新曲「奇跡」。
意外にもアンコールの中で新曲を3曲も披露しました。ひねくれていてくるりらしいとも言えます。
どれも良い曲でした。最後の曲は同名映画の主題歌にもなっているそうです。
この時にはサスペンダースというコーラス隊3人とパーカッションのたなかゆうじさん(World Standard)を含め9人の編成でした。
大所帯の迫力もなかなかのものでした。楽しそうだったなぁ。

全25曲、二時間半。とても早く感じました。

アルバムタイトル、ツアータイトルからしてもそうですが、とても温かいライヴでした。
こんなにも武道館がアットホームに感じたのは初めてかもしれません。
演奏する側も、観ている側も良い人たちが集まっているように思えました。
老若男女問わず、純情放蕩問わず、一人一人がこのライヴの雰囲気を作っているのだと感じました。

あと、ライヴだから当たり前なのかもしれませんが、くるりのライヴは凄く生な感じがしました。
安定しているだけじゃなくて、音楽が生きている感じ。

日本を代表するロックバンドの武道館ライヴ、最高でした。

01. 無題
02. 目玉のおやじ
03. コンバット・ダンス
04. ハヴェルカ
05. ワンダーフォーゲル
06. 鹿児島おはら節
07. 温泉
08. さよならアメリカ
09. FIRE
10. 犬とベイビー
11. 魔法のじゅうたん
12. 麦茶
13. 飴色の部屋
14. 青い空
15. ブレーメン
16. MORNING PAPER
17. 東京レレレのレ
18. ロックンロール
- encore -
19. ハイウェイ
20. 旅の途中
21. キャメル
22. ばらの花
23. さよなら春の日
24. リバー
25. 奇跡
[PR]
by modsmiley | 2011-03-08 15:47 | 音楽

BEADY EYE - Different Gear,Still Speeding

e0230671_14502232.jpg

ノエルが脱退したニュースを聞いた時、最初は実感がありませんでした。
ちょっとスケールの大きい兄弟喧嘩、ついにリアルタイムでこういう話を聞いてしまったなぁ、ぐらいのもので。

しかしそれから一年近く経ち、Time Fliesというオアシスのシングル集が出て、フジロック’09上映会に行った時に、「ああ、オアシスというバンドは終わってしまったんだ」と初めて現実に感じるようになりました。

僕は学生時代、オアシスというバンドに青春を捧げ過ぎてしまったので、もはやそれは一つの青春の終わりのようなもので。

喪失感はありつつも、バンドに縛られなくなったノエル・ギャラガーはどんな音楽を作ってくれるのかという期待がありました。

しかし動きが早かったのはリアムの方でした。

正直リアムがノエル抜きでやっていけるとは思わなかったし、他のメンバーは本当に付いていくのだろうかという疑いもありました。
だからあまり期待はしていませんでした。リアムのやりたいことは予想ができるというか、はっきりしている分何か単調なイメージもあるし。

そんな中、Bring The Lightという曲のフリーダウンロードから口火を切って数曲がネット上に公開され、満を持してアルバム「Different Gear,Still Speeding」がリリースされました。

衝撃でした。
想像を遥かに超えていました。

アルバム一曲目のFour Letter Wordの破壊力。壁に穴を開けてしまうようなギターの音。
ここ数年、英国ロックから感じることのできなかった熱いものがこみ上げてきました。

かと思えば、二曲目のMillionaireはフォークロック期のボブ・ディランのようであり、The RollerやThe Beat Goes Onなどオアシス時代と変わらぬジョン・レノンそのままな王道バラードもあり。Standing On The Edge Of The Noiseのサイケ・ガレージ、Bring The Lightの50sロックンロール。

Beatles And Stonesというリアム以外に付けられないようなタイトルの曲は、The Who寄りで(個人的にはThe CreationのBiff Bang Powが思い浮かびます)、小品ながらアルバムの核になっている印象。

と、、つらつら書いていけば切りがないのですが、ややもするとオアシスよりも広い音楽性とわかりやすさを備えているアルバムなのです。

一番最初は友人達と渋谷のバーで聴いたのですが、
「どれも初めて聴いた気がしない、何に影響を受けているかわかりやすい」
「キッズにギターを買わせる」
「これはロックの教科書のようなアルバムだね」
というような歓喜の感想を語り合いました。オアシスが終わって、こういうことはもうできないと思っていたので、とても嬉しいことでした。

初回盤のDVDには、アルバム製作中のメンバーのインタビューが収録されており、そこではとても前向きで解き放たれたような話を聞くことができます。
メンバーが音楽を作ること、演奏すること歌うことを本当に楽しんでいる姿も見えて、それは音からも伝わってくる通りでした。

リアムは「みんな俺のことを怠け者だと思っていた」というような発言をしていましたが、僕もそう思っていた一人でした。
それは間違いだったと、このアルバムを聴いて思います。
自身のアパレルブランドPretty Greenやアーティスト写真に徹底した60s、modsへのこだわりが感じられますが、それらは全てこのバンドのため、音楽のためのものだったのかとも感じさせます。

余談ながら、このDVDでリアムは「F**K」と20回言っているそうです(笑)

過去のロックの焼き直しと言ってしまうこともできるかもしれません。
しかし、このアルバムにはそれ以上の力があると断言します。
これは僕らが求めていた英国のギターロックであり、その復興の狼煙を上げるような一枚だと思います。

BEADY EYE、とても良いバンドです。
5月の来日公演、楽しみだなぁ。
[PR]
by modsmiley | 2011-03-03 15:34 | 音楽