Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

ERIC CLAPTON JAPAN TOUR 2014@日本武道館

e0230671_0252547.jpg

エリック・クラプトンの来日公演に行ってきました。
2009年の単独ツアーで初めて見て、2011年のスティーヴ・ウィンウッドとのツアーに続き
今回で観るのは三回目になります。
一度見てしまうと、また会いたくなる、そんな人だと思います。

定刻を15分近く過ぎるとエリックが登場。
黒いストラトキャスター、ブラッキーを抱えると“Tell The Truth”のリフを弾き始めます。
いきなりドミノス!
ギターソロになると魂を打ち抜かんばかりの音を響かせます。
エリック、弾きまくり。今回のバンドはギターが一本だけなので、聴こえるのはエリックのギターだけです。
ツアーのポスターになった70年代の写真そのままの身体の角度。
本当にしびれました。

序盤から“Key To The Highway”や“Hoochie Coochie Man”といった
定番ブルースも飛び出します。
ネイザン・イースト、スティーブ・ガットの世界最高のリズム隊に支えられた演奏がたまりません。
思わず合いの手の歓声を上げる人が続出。
60年代の若き日からブルースを追い求め続け、彼の影響で一体どれほどの人が
ブルースの世界に触れたことでしょうか。
そんな人が今も目の前でブルースを演奏して聴かせてくれています。

コードストロークからあの有名なイントロに流れ込んだ“Wonderful Tonight”。
先ほどのブルースから一転、うっとりさせてきます。
その次は“After Midnight”。ソロ・ファーストに入ったダンスチューン。
誰もが楽しめる、ポップな側面を押し出してきます。

ライヴ中盤は椅子に座ってのアコースティックコーナーです。
いかにもブルースな小さめの青いマーティンを使っていました。
アコースティックコーナーでは定番の“Driftin’”から始まります。
最近ようやく「EC was Here」という74,75年のライヴアルバムを聴いたため、
この曲はとても楽しみでした。
“Nobody Knows You When You’re Down & Out”では会場が手拍子で一体となり、
とても温かい雰囲気になりました。力強く、優しいエリック。
そして“Layla”の「Unplugged」バージョン!
誰もが知っているアコースティックギターの渋いイントロが鳴った時に歓声が上がりました。
今日はギターが一本だから、“Layla”はどうやってやるんだろうと思っていた矢先。
まさか「Unplugged」を生で聴ける日が来るとは。
エリックの歌い回しも、女性コーラスも、あのままでした。感動。
続いて、これまたまさかの“Tears In Heaven”。
これもやらない印象があったのでびっくりでした。
ボサノヴァやレゲエな南国系のアレンジを加えた感じで、より天国的な響きがありました。
はい。この大サービスのアコースティックコーナー、「Unplugged 」デラックス・エディションの
プロモーションでしょうか?(笑)
とにかく、物凄く良かったです。

エリックが椅子から立ち上がり、再びストラトに持ち替えると
キーボードのポール・キャラックが“How Long?”を歌います。
エリックより声が出ているし、やたらと上手いのが気になります。
結局彼はこのライヴで3曲も歌いました。
僕は全く知らなかったのですが、スクィーズや様々なバンドに参加した経歴のある
シンガーソングライターだそうです。

この日一番強く歪んだギターが響き、始まったのは“Crossroads”。
エリックが最も敬愛するロバート・ジョンソンの曲。
有名なリフをクリーム時代の彼が編み出し、ロックファンにも愛される曲になりました。
魂のギター、歌でした。この曲を演奏し続けるのはエリックにとって本当に大きな意味があるのでしょう。
曲が終わると、間髪入れずに“Little Queen Of Spades”を弾き始めます。
ロバート・ジョンソンを立て続けに。
美しく、本当に完璧で、これほど力強い音色を他に聴いたことはありません。
二人のキーボードがソロを回して熱を増していき、最後にエリックが最高に熱いギターソロを弾く。
このジャズのようなソロ回しはライヴの随所で見られました。

“Cocaine”が始まると、これでラストとわかります。
ただただ圧倒されていて、とても短く感じたライヴでした。いつまでも聴いていたい。
エリックの気合い、終始弾きまくりのギター。大サービスのセットリスト。
お約束の“Cocaine!!!”をみんなで叫んで終わります。

何をやるんだろうと期待したアンコールは、ポール・キャラックの歌う
“High Time We Went”の一曲で終わりました。
エリックがギターを早々と置いてステージ中央にみんなが集まるよう呼びかけますが、
バンドメンバーが明らかに躊躇していたのが面白かったです。
バッキングに回ってギターを黙々と弾く時間も、エリックには必要なのだと思いました。
当然ながら、リズムギターもめちゃくちゃかっこよく弾く人です。

ライヴが終わったあと、ツアーパンフレットを読みましたが
なかなかさびしいことが書いてありました。同時に、どれだけ彼が音楽を愛していて
どれだけファンのことを大事に思っているかを感じました。
また日本に戻ってきて、とんかつを食べて、ライヴをしてください。
初の来日公演から40年、日本での200本目のライヴ、本当に最高でした。

01.Tell The Truth
02.Key To The Highway
03.Pretending
04.Hoochie Coochie Man
05.Honest Man (Paul Carrack / Vocals)
06.Wonderful Tonight
07.After Midnight
08.Driftin’
09.Nobody Knows You When You’re Down & Out
10.Alabama Woman
11.Layla
12.Tears In Heaven
13.How Long? (Paul Carrack / Vocals)
14.Before You Accused Me
15.Crossroads
16.Little Queen Of Spades
17.Cocaine
- encore -
18.High Time We Went (Paul Carrack / Vocals)

Eric Clapton(Gt.Vo) / Paul Carrack(Key.Vo)
Chris Stainton(Key) / Nathan East(Ba) / Steve Gadd(Dr)
Michelle John(Chor) / Shar White(Chor)
[PR]
by modsmiley | 2014-02-22 00:39 | 音楽