Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

Superfly Arena Tour 2011“Shout In The Rainbow!!”@さいたまスーパーアリーナ

e0230671_13213914.jpg

Superfly初のアリーナツアーに行ってきました。
アリーナでライヴを行うのは2009年の武道館以来ということだそうです。
その時にも参加していましたが、Superflyというアーティストは大きな舞台がとても似合います。

今回はさいたまスーパーアリーナでは2days行われ、その両日に参加することができました。
とりわけ二日目の公演は今までに見たSuperflyのライヴでベストといえるものでした。
どこまでも飛んで生きそうな勢いを感じました。
志帆さんとしては2年前の武道館公演に大きく後悔が残ってしまっていたそうなので、その雪辱は存分に果たすことができたのではないかと思います。

今回のアリーナツアーでは通常のバンド編成に加えてコーラス8名ホーン4名による総勢17名の布陣になっており、大舞台にふさわしい豪華な見た目とサウンドを味わうことができました。

いつもながらオーディエンスの盛り上がりも素晴らしく、一大エンターテイメントともいえました。

開演。ホーン隊で厚みの増した「タマシイレボリューション」のイントロが鳴り響きます。
じらすように、何度も鳴り響きます。
大歓声の中、花道の先にあるアリーナ中央のサブステージに姿を現す志帆さん。
もはやお祭り騒ぎでした。最高のオープニングでした。

続く「Fly To The Moon」はホーン隊の力が最大限に生かされる曲で、こんなにかっこいい曲だったっけ?と感じるほどでした。

3曲目には早くも超名曲の「Wildflower」。
この曲では志帆さんはあまり動かずに歌い、オーディエンスもじっと聴き入るというSuperflyのライヴでは珍しい光景が見られます。
しかしそれこそがこの曲の素晴らしさを表わしていると思いました。
圧倒的なリフのギター、上がっていくベースライン、ぐんぐん伸びて行く志帆さんの歌声とその歌詞に心震わせ。
全てが聴き所である曲です。

最新シングルの「愛をくらえ」を力強く歌い、優しく「春のまぼろし」「Only You」を歌い上げる。
そして通常のライヴでは終盤あるいはアンコールに演奏されることの多い「愛をこめて花束を」。
序盤だけでも大満足といえる内容でした。志帆さんの歌唱力、その歌声の幅広さに改めて気付かされました。

そしてサブステージに再び移動し、ピアノとコーラス隊のみで行われる試み。
志帆さんが中学生の時に初めて人前で歌ったというゴスペル曲「Hail Holy Queen」を披露。
今、再びどうしても歌いたい曲だったそうです。映画「天使にラブソングを」で有名ですね。
コーラス隊と輪になって踊りながら、とても楽しそうでした。
続いて「あぁ」を歌ってくれました。Mind Travelツアーの時は歌詞なしバージョンでしたが、今度は歌詞がありました。
ダイレクトにその想いが響いてきました。何というか、平和、平安な気持ちにさせてくれます。
そしてアカペラで「I Remember」。
これも元々がゴスペル的な曲調であるせいか、とても映えます。
毎回やってほしいと思うぐらい大好きな曲なので、聴けて良かったです。
歌が終わるとバンドがメインステージで長い間奏を繰り広げ、スクリーンには天地創造を彷彿とさせるようなアニメーションが流されました。
その間にコーラス隊は歌い踊りながらメインステージに戻り、志帆さんはサブステージから下がっていきました。

「愛をくらえ」のジャケットで着ていた黒の衣装から、まさにRainbowな衣装に着替えた志帆さんが登場すると「Roll Over The Rainbow」が始まりました。
ツアータイトルにぴったりな曲ですね。
そこから「Rollin’ Days」「Alright!!」に繋ぎ本編ラスト「マニフェスト」まで歌え踊れの大騒ぎ。
ひたすら上げることしか考えていないような脅威のセットリスト。
「Free Planet」では八橋義幸さんと昼海幹音さんのギターバトルもありました。始める前には一日目は相撲、二日目は剣道のようなポースを二人でとっていて笑えました。
「Beep!!」ではバンドメンバー全員がサングラスをかけ、コーラス隊がPVさながらのダンスを披露してくれました。
こういう人達って結構何でもできますよね。

「マニフェスト」を叫び、踊り疲れて迎えたアンコール。
涙ながらにこのアリーナ公演への想いを伝えた「My Best Of My Life」。
会場を優しく包むようなライトがとても綺麗でした。
そして「愛と感謝」の大合唱。大切なことは忘れがちだった。
最後は「Hi-Five」で上の上へとシャウトを届け、ツアータイトルにふさわしい最高の締めでした。

完璧なアリーナライヴでした。
いつも楽しく、元気の出るステージを見せてくれる志帆さん。
次は夢のスタジアムライヴでしょうか。

01.タマシイレボリューション
02.Fly To The Moon
03.Wildflower
04.Ain’t No Crybaby
05.愛をくらえ
06.春のまぼろし
07.Only You
08.愛をこめて花束を
09.Hail Holy Queen
10.あぁ
11.I Remember
12.Roll Over The Rainbow
13.Rollin’ Days
14.Alright!!
15.Free Planet
16.Beep!!
17.Dancing On The Fire
18.マニフェスト
- encore -
19.My Best Of My Life
20.愛と感謝
21.Hi-Five
[PR]
by modsmiley | 2011-12-24 13:27 | 音楽