Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

毛皮のマリーズ TOUR2011 ”Who Killed Marie? ”@日本武道館

e0230671_18891.jpg

毛皮のマリーズのラストアルバム「THE END」に伴うツアー”Who Killed Marie? ”のファイナルに行ってきました。
初の武道館公演、そして毛皮のマリーズ最後のライヴでした。
チケットを取った時には初の武道館公演という喜びでいっぱいで、まさかそれがラストライヴになるとは思ってもいませんでした。

行ってきた感想を率直に言えば、毛皮のマリーズはあまりにもいつもの毛皮のマリーズでした。
生々しく、痛々しく、ロックンロールの美しさを体現していました。
ライヴハウスでやっているいつものライヴを、武道館でも同じように繰り広げました。
目に焼き付けました。
武道館は、今この時に真実にロックンロールバンドである彼らにとってふさわしい最高の舞台で、同時に最も不釣り合いであるようにも思えました。
拭い切れないもやもやをこれでもかというほどにぶつけているようにも見えました。

ある種の限界を見たというか、毛皮のマリーズが毛皮のマリーズとして終わるにはこのタイミングだということを痛いほど実感させられました。
それが僕には悔しくてたまりませんでした。
こんなに好きになったのに終わってしまうなんて。終わるしかないなんて。
家に帰ったら毛皮のマリーズのCDを片っ端から割ってTシャツとタオルも引き破ろうかと思いました。

時間が経って落ち着いて思い返せば、本当に美しい瞬間がたくさんあったラストライヴでした。

「愛の賛歌」のSEでメンバーが登場する瞬間。

西くんが天を仰いで拳を突き上げ、全身全霊でリフをかき鳴らす瞬間。
ヒロティが「すてきなモリー」を熱唱し、「ありがとう」と言った瞬間。
富士山さんがドラムを壊すんじゃないかというほどに叩きまくる瞬間。
志磨さんが詞を強調させて叫び、何度もマイクを叩きつけて腕を振る瞬間。

「ジャーニー」から「ビューティフル」に繋がって、大歓声が起きた瞬間。
そして、このライヴで唯一の大合唱が起きた瞬間。
ビューティフルにビューティフルに 生きて死ぬ、ための僕らの人生、人生!

そして、最後の曲「ジ・エンド」を始める前に4人が立ったまま静止して、思い思いに叫ぶ観客の声を受けている瞬間。
志磨さんが「西くん!!」と叫んでギターソロを振り、全てを理解し合った熱い抱擁をした瞬間。
抱擁したままソロを弾き終わると、同時に崩れ落ちる西くんをそこにいる全員が目に焼き付けた瞬間。

終わってしまった。
本当に美しかった。
会場では言えなかったけど、今は言える。
毛皮のマリーズ、ありがとう。
愛の賛歌の詞のように、愛し合う僕らはきっと再会できるでしょう。

01.REBEL SONG
02.ボニーとクライドは今夜も夢中
03.人間不信
04.愛する or die
05.ガンマン、生きて帰れ
06.ラストワルツ
07.それすらできない
08.ダンデライオン
09.BABYDOLL
10.すてきなモリー
11.コミック・ジェネレイション
12.Mary Lou
13.The Heart Of Dixie
14.JUBILEE
15.HEART OF GOLD
16.ジャーニー
17.ビューティフル
- encore -
18.YOUNG LOOSER
19.ジ・エンド
[PR]
by modsmiley | 2011-12-06 01:15 | 音楽