Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

THE BOHEMIANS「憧れられられられたいツアー2011」Tour Final@渋谷WWW

e0230671_13145919.jpg

ザ・ボヘミアンズのメジャー1stアルバム「憧れられたい」のツアーファイナルに行ってきました。
場所は渋谷WWWというライヴハウスで、シネマライズの地下をライヴハウスに改装したところでした。

The Whoの「無法の世界」が終わると同時に開演です。
今回のアルバムの一曲目でもあるチャックベリーの曲に独自に詞をつけた「メイビリーン」で爆発するように始まりました。

笑顔を絶やさないドラマーのチバさんとイケメンべーシストの星川さんが刻むビートに乗って、りょうさんの爆音ギター、本間先生の繊細な鍵盤が鮮やかなロック・アンサンブルを作り出します。
そしてヴォーカルの平田さんは本当に楽しそうで、見たことないぐらいの笑顔で歌い踊っていました。
アップテンポの楽曲が多いこともあってか、勢いのままにライヴはどんどん進んでいきます。
バンドもオーディエンスも休む暇がないほどに。

ライヴハウスの音が良く、全ての楽器がバランスよく聴こえます。ヴォーカルも聴きやすいです。
元は映画館だったせいか二階、三階と段になっていて、バンドとの距離感も近くとても良い会場でした。

途中に平田さんの遊びとも思えるコール&レスポンスでは、クールな本間先生が超絶シャウトで見本を見せてくれ、「憧れられたい」ではオーディエンスの一人にイントロの鈴を託すなど、バンドと一体となって楽しめる時間もありました。

ライヴ終盤は「おぉ!スザンナ」「THE ROBELETS」などキラーチューンを連射し大盛り上がり。
そして締めはお客さんがほとんどいない時代からライヴの最後に演奏し続けていたという「ロックンロール」。
一本のマイクで顔を寄せ合い歌う平田さんとりょうさん。そして唇を重ね、「美味しいぜ」と平田さん。
胸につけたピート・タウンゼントが乗り移ったかのようにウィンドミルを決めるりょうさん。
ロックンロールというものに最高に敬意を表した美しい楽曲を爆発させるように演奏しました。

アンコール。
ここまで二枚のアルバムからの曲はほぼ全て演奏しています。
何をやるのかと思えば、ロックンロールで遊ぶということでした。
キンクスの1stの一曲目に収められたチャック・ベリーのBeautiful Delilahを独自の日本語詞でカバーした「僕のバズーカ」という曲から始まりました。
続いてコースターズの曲です。知らない曲でした。聴いてみようコースターズ。

ここでスペシャルゲストの登場でした。
モット・ザ・フープルの「ロックンロール黄金時代」のハイロウズバージョンを演奏するのですが、これは毎回対バンの相手と共演してきたそうです。
平田さんが「髪の長い、バンドが解散する」と言った瞬間に歓声が上がります。まさか。
毛皮のマリーズ、志磨遼平さんの登場でした。
「あなたのフォロアー達はうまくやったのだからよろしく頼む」という平田さんの言葉にこの人の存在の大きさを感じました。
どうやら、というか周知の事実かもしれませんが、近年の日本の若手ロックンロール、アンダーグラウンドシーンで最も影響力の強かったバンド、みんなが憧れたバンドは毛皮のマリーズでした。

演奏が始まるといつものように足を高く上げるアクションで踊る志磨さん。
みんなが憧れるゲストに会場も大盛り上がりです。正直この日一番だったかも。
そして志磨さんの要望で「おぉ!スザンナ」を志磨ヴォーカルで演奏。
「自分のバンドがなくなるからボヘミアンズをのっとろうとしている」と平田さんはみんなに乗らないことを要請しますが、本人はシールドの繋がっていないギターを抱えてとても楽しそうにはしゃいでいました。
当然これも大盛り上がり。志磨さん何故か完璧に歌いこなす。彼も相当にボヘミアンズが好きなようです。

ダブルアンコールでは、やると思っていなかった「五人の若者劇場『タイムマシーン秘話』」を演奏し、平田さんの一人芝居に笑いつつレスポンスをして楽しい時間でした。
そして「やり足りない」とジェリー・リー・ルイスの「火の玉ロック」を演奏し、2時間半に及ぶ完璧なロックンロールショーを締めくくりました。

最後に全員が前に出てきて挨拶をし、星川さん(バンド内で唯一しっかり話す人)が「ここが始まりです」と言いましたが、このバンドはその通りにどんどん大きくなっていくのだと思いました。

楽曲もサウンドも最高で、楽器編成もメンバーも素晴らしい。人柄も良い。
もはや僕にとって「憧れ」のバンドです。ザ・ボヘミアンズ。

01.メイビリーン (Chuck Berry)
02.夢と理想のフェスティバルに行きたい
03.太陽ロールバンド
04.お気にのチェルシー
05.She Said Yeah! Yeah! Yeah!
06.軍団
07.王国の謎
08.私のシンフォニー
09.私の家
10.麗しのグッドルッキングガイ
11.Goodmusictime!!
12.ガール女モーターサイクル
13.パーフェクトライフ
14.憧れられたい
15.Beat! Beat! Beat!
16.明るい村
17.FaFaFa(素敵じゃないか)
18.おぉ! スザンナ
19.THE ROBELETS
20.ダーティーリバティーベイビープリーズ
21.ロックンロール
- encore 1 –
22.僕のバズーカ (Beautiful Delilah - Chuck Berry / 平田山崎 詞)
23.Baby That’s Rock’n’roll (The Coasters)
24.ロックンロール黄金時代 (Mott The Hoople / The HIGH-LOWS ver.)
25.おぉ! スザンナ
26.法律と俺は闘った (I Fought The Raw - The Crickets / 真島昌利 詞)
- encore 2 -
27.五人の若者劇場『タイムマシーン秘話』
28.火の玉ロック (Jerry Lee Lewis)
[PR]
by modsmiley | 2011-12-05 13:27 | 音楽