Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

土岐麻子 see the‘LIVE'LIGHT! -往くてを照らせ-@Billboard Live TOKYO

e0230671_17333384.jpg

3月に予定されていたビルボード公演の振替公演に行ってきました。
あの時はライヴが行われる当日に大地震が起き、中止になってしまいました。

土岐麻子さんを観るのは3回目(飛び入りで歌ってくれたのを含めたら4回目)、ここビルボードでも昨年の2月に観ています。
ビルボードは東京ミッドタウンにあるライヴレストランで、普通のライヴハウスとは違った贅沢な雰囲気で落ち着いて音楽を楽しむことができます。

受付を済ませフロアに案内されると、まだ最前の席が空いていたので迷わずそこへ。
机とステージが繋がっている状態の席でした。

開演、若いミュージシャンと共に麻子さんが登場。
始まったのはビル・エヴァンスのスタンダードに歌を乗せた「Waltz for Deddy」。
ビルボード公演の幕開けにふさわしい曲でした。

続いて真心ブラザースのカバーで「サマーヌード」。
今回一番聴きたいと思っていた曲でした。以前はそれほど好きでもなかったんですが、ようやく真心ブラザースを聴き始めたりドラマのモテキの再放送を観たりで、かなり愛着が沸いていました。
生で聴くとやっぱり良くて、個人的に今年の夏を象徴する曲になるような気もしました。

今回のバンド編成はピアノ・キーボードの渡辺シュンスケさんを中心に、その日27歳の誕生日を迎えフュージョン系のドラムを叩く片山タカズミさん、ウッドベースにエレキベースに抜群の安定感とグルーヴを見せたゆーこーさん、マニピュレーターがNeVeSSaという三人組のグループという形でした。
麻子さんと渡辺さん以外は20代ながら、驚異的に巧い人達でした。
中でもマニピュレーターの方々は絶妙なタイミングで非常に良い音を出していて、イメージしていた打ち込みの概念を覆されました。

そんなギターレスの編成でしたが、「smilin’」では何と麻子さんがテレキャスを抱えて弾いていました。
最初にテレキャスを持ったときは客席からどよめきが上がり、麻子さんは「何ですか?」なんて笑っていましたが、キレの良いカッティングを聞かせてくれました。
途中からマニピュレーターの方達がギター音をループさせていて、そんな方法もあるのかと思いました。

続いて新曲の「Mr.Summertime」。
元はテレビ番組のジングル用に作られたそうですが、それだけでは勿体無いとのことで曲としてしっかりまとめたそうです。こういうパターンは「Gift~あなたはマドンナ~」でもそうでしたね。
初めて聴きましたが、耳馴染みの良い夏の歌という感じでした。

そして麻子さんは椅子に座って、マイケル・ジャクソンの「HUMAN NATURE」ととても美しい「City Lights Serenade」を披露。ドラムではなくカホンだったこともあり、静かで声を際立たせたアレンジでした。
横から見る形だったので気付きましたが、麻子さんは立って歌う時はもちろん座って歌う時も姿勢が良くて、声が本当に綺麗に出て行く様が目に見えるようでした。

確かこの辺りで麻子さんの衣装替えがあり、合間にドラムの激しいソロ、ジャムを挟み、ゆっくりとしたテンポで「熱砂の女」が始まりました。
徐々にテンポと音圧を上げて行くアレンジで、とてもかっこよく新鮮でした。

そこからは「い・け・な・いルージュマジック」~「Gift~あなたはマドンナ~」~「Flamingo」
というアップテンポの曲を続ける怒涛のラストでした。
「い・け・な・いルージュマジック」ではベイべーのコール&レスポンスもありました。麻子さんのライヴでこういうことがあるのは意外ながらも、とても楽しめました。清志郎さん好きとして嬉しかったです。

アンコールは「How Beautiful」。
麻子さんの雰囲気と声の美しさが最大限に映える代表曲です。
これも静かなアレンジで、うっとり終演を迎えました。

舞台もバンドも最高で、とても贅沢な時間を楽しめました。
最前席だったこともあり音の迫力と麻子さんの美しさを感じることもできました(今回の衣装、メイク、髪型が全て最高でした)。
また、何だか麻子さんの人柄を感じるライヴで、特に若いミュージシャンと仲良さげ(てなづけている感じ?笑)にしている様子が見ていて温かい気持ちにさせました。
人柄の良い人には人柄の良い人が慕って集まってくることを感じました。
そういう人達が奏でる音楽は素敵であることに間違いがないと改めて思った夜でした。

土岐麻子 see the‘LIVE'LIGHT! -往くてを照らせ-@Billboard Live TOKYO 2011.7.25.2nd show
01.Waltz for Debby
02.サマーヌード
03.smilin'
04.Mr.Summertime
05.HUMAN NATURE
06.City Lights Serenade
07.熱砂の女
08.い・け・な・いルージュマジック
09.Gift ~あなたはマドンナ~
10.Flamingo
- encore -
11.How Beautiful

e0230671_173627100.jpg

[PR]
by modsmiley | 2011-07-27 17:38 | 音楽