Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

映画「ジョン・レノン,ニューヨーク LENNONYC」

e0230671_16372413.jpg

8月13日より公開の映画「ジョン・レノン,ニューヨーク LENNONYC」の試写会に行ってきました。
タワレコのフリーペーパー「イントキシケイト」主催で、場所は恵比寿にあるパシフィック・ファニチャー・サービスというかっこいい家具屋さんで行われました。
気持ち良すぎるソファーに座って、まったりと鑑賞しました。

ざっくりとした感想をいえば、凄く良い映画でした。
見る前までは、2007年に公開された「PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン」と似たようなものかと思っていました。
正直その作品は退屈なものだったので、今回もそれほど期待はできないだろうと思っていました。
ジョンのドキュメンタリーというのは数多くあるし、情報は出尽くしているということもあって。

ところが今回の「ジョン・レノン,ニューヨーク」は、ジョンがヨーコさんと共にニューヨークに移り住んでからの人生を取り上げていて、今までにあったドキュメンタリーよりも一歩奥に入った内容でした。
構成も秀逸で、映画として飽きさせないものとなっています。

恐らくは未発表音源も含むデモやオリジナルの音源をバックに貴重な写真や映像、新聞記事などを紹介しつつ、オノ・ヨーコやエルトン・ジョン、「ダブル・ファンタジー」をプロデュースしたジャック・ダグラス、写真家のボブ・グルーエンや関わりのあったミュージシャンのインタビューでジョン・レノンという人が明らかになっていきます。
特にジョンとヨーコが別居中だった「失われた週末」期など今まで多くは語られなかった部分の話はとても面白いものでした。

ジョン・レノンという人がとてもかっこよく感じられ、好きになってしまう映画です。
良いところも悪いところも含めて人間味があって、凄く魅力のある人だと僕は再認識しました。
個人的にはここまで音楽にハマるきっかけがビートルズであり、とりわけジョン・レノンだったので、原点をさらに深めるような感覚でした。

また、ジョンの音楽によって世界が変わる瞬間を感じることもできました。
時代性もあるのかもしれませんが、今の僕達が置かれた状況で考えること、やれることがあると再び思うことができました。
ああ、やっぱりジョンは凄いや。

僕が映画を観て新鮮だった話をいくつか紹介します。
以下、ネタバレを含みますのでご注意を。




「失われた週末」に入ったきっかけの話をヨーコさんが語っていました。
様々なプレッシャーとアルバムやライヴの不評で泥酔したジョンがヨーコさんを含む仲間の前で浮気をして、その後に撮られた写真はジョンがヨーコさんに土下座をしていて、とても可笑しいものでした。
ヨーコさんは「そうしたジョンの気持ちもわかる」と言いながらも、距離を置くことにしたそうです。
二人は結婚してから四六時中一緒にいたため、そういう時間が必要だったということも語られていました。

ジョンがポールと1974年に会っていたという有名な話がありますが、その時の二人を関係ミュージシャンやメイ・パンが語っており、「二人はつい昨日も会っていたかのような仲だった」そうです。
ソロの初期ではお互いに攻撃し合うような曲を書いていましたが、そう簡単に二人の絆は切れないものですね。
その時のツーショット写真も出てきて、これには感動しました。

「失われた週末」期には荒れ狂っていたジョンでしたが、ヨーコと復縁しショーンが生まれて別人というぐらい変わったという話もありました。
僕はジョンと遊んでいる可愛いショーンを見て、今のショーンが楽器を弾いて暴れる姿が頭に浮かび可笑しくなってしまいました。
ジョンが見たら喜ぶだろうなぁ、成長していく姿を見たかっただろうなぁと思い胸が苦しくなりました。

ジョンの生涯を追ったドキュメンタリーでは、必ず最後にあの場面に行き着いてしまいます。
ヨーコさんはラジオに発表するかと聞かれた時、15分だけ待ってと答えたそうです。
世間に発表さえしなければ、ジョンが生き返るかもしれないと考えたためでした。
発表した後は、ジョンのありとあらゆる音源を聞いたそうです。ジョンはいないけれど声はある。そうしていると不思議と魂が癒されていったそうです。

根っからのファンの方も、興味があるという程度の方にもとても楽しめる映画だと思います。
特にソロになってからのジョンの人生、人間性がよく見えてくると思います。
イマジンの人、愛と平和の人というイメージはほんの一部分に過ぎないことがわかります。
加えて、ヨーコさんの素晴らしさがまた世に知られる機会になるのではと思いました。
印象としてはジョン・レノン・ミュージアムやDream Powerなどにも通じるタッチが感じられ、その集大成とも思えます。
また、劇中に流れるヨーコさんの音楽が凄くかっこいいのです。

ジョン・レノンのドキュメンタリー映画の最高傑作とも言えるかもしれません。
おすすめです。
e0230671_1637362.jpg

[PR]
by modsmiley | 2011-07-13 16:47 | 音楽