Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

「高橋優初の全国ライブツアー~唄う門にも福来たる2011」@渋谷クラブクアトロ

e0230671_155265.jpg

友人に誘われて行ってきました。

彼を知ったきっかけというのも、昨年12月8日に日本武道館で行われた「Dream Power ジョン・レノン・スーパー・ライヴ」に「箭内道彦プロジェクト」という名前で出演していたからでした。
あの時は箭内さんの横に立っていて、名前も名乗らずいきなり“How?”を独自の日本語で熱唱、絶唱していました。
それからCoccoさんに「おめえ新人のくせに笑ってんじゃねぇ」と怒られていたこともあり、印象は鮮烈でした。

その彼は高橋優というシンガーソングライターで、当時はまだメジャーでアルバムを出していないということでした。
しかしレコーディングにはザ・コレクターズのギタリスト、古市コータローさんが参加していることを聞き、一気に僕の中で注目度は高まりました。
楽しみにしていたアルバム「リアルタイム・シンガーソングライター」は正直なところ第一印象がイマイチで(音が好みじゃなかった)、少しもやっとしていました。
友人がライヴのチケットを取っていて僕も行くことが決まっていたものの、楽しめるのか不安でした。

ライヴの前日になりアルバムの初回盤についていたDVDをようやく観て、ニューヨーク路上ライヴのドキュメンタリーにまさかの感動。
CDの音にも耳が馴染んできたところで当日を迎えました。ぎりぎり間に合った。

開場時間辺りに渋谷クアトロ前に行くと入場待ちの列が飛び出していました。
ここでこんな光景を見るのは初めてでした。チケットはソールドアウト、人気公演でした。
クアトロも改修してから初めて行ったこともあり雰囲気の違いに驚きつつフロアに入ると、すでにかなりぎゅうぎゅうの状態。
何とか最後列PA前の高くなったところを確保しました。これがかなり見やすい場所でした。

バンドメンバーと共に優さんが出てきました。
GibsonのDOVEを高めに構え、激しいストロークで演奏が始まります。

音響も良いせいか、声がよく聴こえます。声量もきっと凄いんだと思います。
それからこの人の歌はやっぱり歌詞が重要で、それもちゃんと聞き取れるように歌っていました。

バンドの音作りは爽やかで抜けもよく、非常に聴きやすい音でした。
アルバムもそんな感じですが、やはり生の音は違いますね。
編成はギター、ベース、ドラムにキーボードで、どの人も素晴らしい演奏していました。
プロのバックミュージシャンってやっぱり凄いと思いました。
中でもES-335の音がたまらなかったなぁ。

初の全国ライヴツアーとタイトルにも入れているだけあって、気合いが満ち溢れていました。
高橋優さん、暑苦しい男です。

「サンドイッチ」という曲の前には素敵なMCがありました。
優さんは一階がコンビニになっているマンションに4年間住んでいて、毎日何回もそのコンビニに通っており、朝昼晩の店員さんの顔ぶれも完全に覚えてはいるものの、あえて話はせずに微妙な距離を保ってきたそうです。
しかしこの日の朝、いつものように買い物をすると4年間距離を保ってきた店員さんが「今日ライヴ頑張ってくださいね」と声をかけてくれたそうです。
それで優さんは「よし俺今日頑張れる!」と思ってライヴに臨んだとのことでした。

曲によって優さんは白いテレキャスターに持ち替えていましたが、それもポジションがアコギと同様高めで何かダサかったです。いや、その感じが良いんだと思います。

また、「少年であれ」ではPVと同じくギターを持たずにマイクに向かって歌っていました。
ギターを持った方が様になるタイプですが、これはこれでありだとも思いました。
ピアノの雰囲気もよく、歌唱力がよく表わされた曲でした。

ライヴ後半はアップテンポな曲を連発。お客さんも跳ねたり歌ったりしていて、凄い盛り上がりでした。
これほど盛り上がるとは思わなかったなぁ。

本編最後はもはや高橋優の代表曲ともいえる「福笑い」。
ラジオの企画でその場で作った曲らしいですが、これは本当に名曲だと思います。
「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」というメッセージ。
英訳されてニューヨークタイムズ紙にも掲載されました。
会場は一つとなって、みんな笑顔で歌っていました。

アンコールでは6月29日に発売されるニューシングル「誰が為に鐘は鳴る」を披露し、大盛況のうちに約2時間のライヴは終わりました。
クオリティの高い、気持ちの良いライヴでした。

01 希望の歌
02 素晴らしき日常
03 靴紐
04 虹と記念日
05 8月6日
06 ほんとのきもち
07 サンドイッチ
08 メロディ
09 少年であれ
10 花のように(新曲)
11 終焉のディープキス
12 頭の中そればっかり
13 現実という名の怪物と戦う者たち
14 こどものうた
15 福笑い
- encore -
16 誰が為に鐘は鳴る(新曲)
17 シーユーアゲイン
[PR]
by modsmiley | 2011-06-14 15:55 | 音楽