Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

キノコホテル単独実演会「サロン・ド・キノコ〜恍惚の逃避行・新宿編」@新宿LOFT

e0230671_1795624.jpg

初めて実演会を観に行ってきました。
新宿LOFTで二夜連続の公演となる一日目でした。キノコホテルというバンドは歌舞伎町が似合う気がして、さらにLOFTというライヴハウスがイメージとぴったり合う(PVの影響も大きいですが)と思っていたので、当日券で急遽行くことにしました。

開演15分ほど前に会場に入り、どうにかステージの右端スピーカー前を確保。
周りを見ると結構年齢層の高い様子で、男性が5:1ぐらいの割合で多いように思えました。
まあ、落ち着いて見れるだろうとこの時は思っていました。

暗転し、スクリーンに映像が流されました。「もえつきたいの」「真夜中のエンジェル・ベイビー」「非情なる夜明け」のPV、そして今回のアルバム「マリアンヌの恍惚」のCM映像。
正直ちょっと長いように思えましたが、ホテルの宣伝というコンセプトでしょうか。

そしていよいよメンバーの登場です。ここで予想外にフロアに大きな波が起こります。
開演と同時に人が詰めるライヴなんて、何だか久しぶりでした。
僕は柱を背にした位置にいたので、何とか逃れることができました。

インスト曲を演奏していく中、支配人のマリアンヌ様がついに登場。本物だ、と思ってしまいました。
「キノコホテル唱歌Ⅱ」が始まるとフロアは爆発。ロマンスグレーのおじさま達が踊り狂っています。
支配人の歌の迫力、怖さを伴う色気に早くも僕は圧倒されました。
セクシーなオルガンプレイ、かっと見開く右目。
時折繰り出す恍惚の声や吼えるようなシャウトは今まで見たどの女性ヴォーカルとも違う力がありました。

バンドの演奏も安定感抜群で、特にケメさんのギターは音も良く的確なリズムといい轟音のようなソロといい、かなり個人的に好みのプレイでした。
スピーカー前に乗り出して煽りながらのソロはギターヒーローさながらでした。

途中、従業員の紹介(メンバー紹介)があり、ケメさんが「あなたの心の支配人、マリアンヌ東雲」と言ったのには笑ってしまいました。
その場にいた多くの人が本当に支配されたいなんて思ったことでしょう。
ええ、そうです、僕ももちろんそう思いました。

ライヴ終盤に演奏された「キノコノトリコ」の盛り上がりはとても印象的で、まさにキノコの虜となった人達が暴動を起こしているようでした。
そこから新曲のインスト曲をはさみ、「真っ赤なゼリー」~「キノコホテル唱歌」でたたみかけるラスト。
この辺りで支配人、オルガンの上に乗って天井にぶら下がってパンチラを決めます。
しかし今日は足が観客に届かなかったそうで不満げでした。

アンコールの支配人は、金髪で白シャツの看守姿でムチを振り回して登場。
PVで見ていたそのままの有様でド肝を抜かれました。
「静かな森」で始まり「もえつきたいの」で大合唱。僕の一番好きな曲です。やっぱり生で聴くのは感動でした。
そしてオーラスは「人魚の恋」でした。

全てが僕の思っていた以上のライヴで、なめていたと反省してしまうほどでした。
ほんとにキノコホテル凄いです。
8月には社運をかけた単独実演会「サロン・ド・キノコ〜晩夏のヒメゴト」を渋谷クアトロで行うそうです。
失敗したら廃業を考えているそうで、支配人の「わたくしに恥をかかせないでね」との言葉が妙に胸に残ります。

何だか癖になりそうだなぁ。

キノコホテル「サロン・ド・キノコ〜恍惚の逃避行・新宿編」セットリスト
2011年6月4日(土)
01. オープニングの曲〜キノコホテル唱歌II
02. ネオンの泪
03. 愛人共犯世界
04. 真夜中のエンジェルベイビー
05. 謎の女B
06. 砂漠
07. 荒野へ
08. 白い部屋
09. 還らざる海
10. 風景
11. 非情なる夜明け
12. キノコノトリコ
13. #84
14. 真っ赤なゼリー
15. キノコホテル唱歌
- encore -
16. 静かな森で
17. もえつきたいの
18. 人魚の恋
[PR]
by modsmiley | 2011-06-10 17:20 | 音楽