Into Tomorrow

modsmiley.exblog.jp
ブログトップ

毛皮のマリーズ「コンチェルト・フォー・“ティン・パン・アレイ”」@渋谷公会堂

e0230671_1644490.jpg

毛皮のマリーズが今年の初めに出した「ティン・パン・アレイ」というアルバムの完全再現公演に行ってきました。
このアルバムが出た時、僕は「すでに2011年のベストアルバムに決定」とか「リアルタイムでこれほど完璧な作品に出会ったことがない」とか「2011年のLIFE(小沢健二)」とか絶賛しまくり、それはもうこれ以上ないほど気に入ってしまいました。

話は遡りますがアルバム発売の一日前、予約していた「ティン・パン・アレイ」をタワーレコード新宿店に取りに行った時に、ヴォーカル志磨遼平さんの姿を偶然目撃し、何か運命めいたものを感じました。
普通の格好ながら、そこに明らかなロックスターのオーラがありました。

志磨さんの頭の中で鳴っている音楽を一切の妥協なく形にした「ティン・パン・アレイ」は、ゲストミュージシャンが多数参加しており従来のバンドサウンドに囚われない非常に豊潤なサウンドで作られています。
それ故ライヴで再現するのはとても困難だと思われましたが、この渋谷公会堂で行われる「東京」公演のみ、一夜限りの完全再現をするということが発表されました。
まさに夢のよう!

当日の渋谷は、天気が晴れたり曇ったりを繰り返しながら、終始雨がぱらついていました。
入念なリハーサルのためか開場時間が予定より遅れ、席についたのは開演時間を過ぎていました。
会場に入ると早速耳に入ってきたのはビートルズもカバーしていたBoysで、Pop Pop Pop Pie~Da Doo Ron Ron~Locomotionという個人的に嬉しい流れもあり、ますます気持ちを高ぶらせて開演を待ちました。

定刻20分過ぎ、壮大な音楽と共に徐々に暗転していきます。
そして大きなギターフィードバックと共に舞台の幕が上がっていき、ステージが露になりました。
真ん中に立つのは素敵に着飾った志磨さんとヒロTさん。アルバムの冒頭を飾る、「序曲(冬の朝)」。
ささやくような(そう、ゲンスブールとバーキンのような)、男女デュエットです。
曲の終わりに「おはよう、東京。」と繰り返す志磨さん。本当に「ティン・パン・アレイ」は始まりました。

二曲目、「恋するロデオ」。
ブラック・ボトム・ブラス・バンドという名のホーン隊がPenny Laneを彷彿とさせ、極上のポップスが鳴り響きます。
ヒロTさんは序曲の終盤から弾いていたバイオリンベースからリッケンバッカーに変え、富士山さんに高円寺のキース・ムーンこと菅大智さんを加えたツインドラム、パーカッション高田洋平さんの強力なリズム隊。
僕自身、ツインドラムというものは恐らく生まれて初めて生で見ましたが、その迫力と見た目の豪華さ、息のあったプレイはとても芸術的に思えました。

三曲目「さよならベイビー・ブルー」
ツアー専属の奥野真哉さん(ソウル・フラワー・ユニオン)のキーボードが引っ張ります。僕はマリーズのライヴは初めてでしたが、いつもこの方が弾いてくれているなら幅も出るだろうなぁと思いました。
アコーディオンとクラリネットが加わり雰囲気も独特。なかなかロックバンドのライヴではこういう曲は聴けないのではないでしょうか。

スティールギターの映える軽快なカントリーな「おっさん On The Corner」。
細野組の高田漣さんがマリーズと一緒にやるとはイメージしづらかったのですが、この一曲のために出てきてくれました。細野さんとやる時も誰とやる時もいつも完璧に合わせていて凄いと思います。お馴染みの方がいつもとは違うライヴに出てくると嬉しいですよね。
お祭りのように盛り上がっていく曲に、志磨さんは楽しそうに踊っていました。

マリーズ初のメジャーシングルになった「Mary Lou」。
ライヴバージョンはテンポが上がっていて、キーボードのイントロ付きでした。音が弾になって飛んでくるようで迫力がありました。こういう曲だとツインドラムのパワーが一層映えますね。
コーラスをオーディエンスに歌わせて、サビに向かっていく高揚感、一体感。

曲の終わりと同時にヒロTさんが可愛く“Are you happy tonight?”と入れ、そこから「C列車でいこう」。
この台詞、CDでも彼女が言ってたんだと初めて気付きました。
随所に感じますがヒロTさんのルックスや声もこのバンドに欠かせないと思いました。絵になります。
C列車ユーザーとしてはこの曲は格別です。歌われるべき風情、「東京」を感じるにふさわしい列車。
「急げ早く、もっと速く!」というところが大好きです。

ここで志磨さんMC「早いな」と。
アルバム完全再現ということで、曲順も曲数もわかっていて、それも普段のライヴより少なく、さらにこの夢のような時間を過ごしているわけで。見ている方も同じ気持ちでした。

A面最後の曲、と紹介しソウルフルな「おおハレルヤ」。
変わらない日常、それが愛と平和だと歌ったこの曲は、今の状況だと以前とは違って響きます。
「ただおだやかに ただおだやかに どうか 続きますように」
控えめなようで大きな願い。

バイオリニスト竹内純さんを招き、西さんのアコギと共に「星の王子さま(バイオリンのための)」。
とてもシンプルな構成で、まさにバイオリンの美しい音色のためにあるこの曲。
しかしこの日のメインは志磨さんの歌声だったのです。圧倒的な歌唱力。並のロックヴォーカリストではないことを証明するものでした。

そしてアルバムの核となる曲、志磨さんがここまで完全な音楽は書いたことがないとも言った曲「愛のテーマ」。
軽快なオルガンイントロを長めに引っ張り、志磨さんの歌が入ってきます。
そして期待していた通り、子供達が出てきてくれました。4人組みの「ひまわりキッズ」の登場も相まって、会場はさらにピースフルな空間に。
この素晴らしい世界のために、歌を歌いました。

ひまわりキッズはステージ上に置かれたソファーに座り、10曲目の「欲望」です。
個人的にはこの曲がこの公演のハイライトでした。まさに今も
「夢から覚めた今もまだ 僕の目は覚めないままだ」
という状況で。本当に夢を見せてくれた公演だったのです。
ひまわりキッズとの掛け合いはとても可愛く、最高のアレンジだと思いました。
曲の最後に「大丈夫、大丈夫」と歌う志磨さん。今、必要な大切なものでした。

ひまわりキッズは元気良く挨拶をして、ここで退散。
最後の曲を前にして、志磨さんがこのアルバムに対する想い、東京に対する想いを語ってくれました。
贅沢の街、世界に誇れる街、東京。悪い予感のかけらもないさ、という東京。
そんな東京の美しい季節をレコーディングした、「ティン・パン・アレイ」。
そしてしんみりと「地震あったじゃん」と始め
「いずれ元通りにはなると思う、けど地震に勝たなきゃならない」と。
「忘れちゃいけないっていうのもあるけど地震に勝つのは地震なんてあったっけ?という状態にもって行くこと」
人間の力を信じている、志磨さんらしいスピーチでした。やられたなら、それを上回る力を出して越えてやれば良い、そんな想いが伝わってきました。

最後に「弦楽四重奏曲第9番ホ長調『東京』」。
アコギと共に歌いだす志磨さん。壮減なカルテットの旋律も加わります。
祈りの音楽とはこのことでした。今の状況のために作られたかのように思えました。
「愛しきかたちないもの 僕らはそれを ――“東京”と、呼ぼう」
これほどまでに多くの人の“東京”を表現した詞はないと思います。

本編終了。志磨さんが目覚まし時計をセットして、メンバーは舞台を去っていきました。
アンコールを求める拍手が鳴り響きます。
チリリ、と小さく目覚まし時計の音が聞こえたような気がします。一旦拍手は鳴り止みましたが、再び始まりました。
やがて目覚まし時計は大きなベルを鳴らし朝を知らせます。歓声が沸き、鳥のさえずりも聞こえます。
メンバーが再び現れました。

アンコールはアルバムのシークレットトラックである、「彼女を起こす10の方法」。
本編とアンコールの間はCDのブランク時間とほぼ同じぐらいだったように思います。粋な演出だ。
志磨さんはソファーに寝転がり、実際に彼女を起こすかのよう仕草で優しくこの曲を歌っていました。

そしてこの日の演目は全て終了。約80分。完全再現だから、他の曲は一切やらず。
ちょっと物足りなくも感じたけど、「ティン・パン・アレイ」東京の世界を感じるには、これで良いのかなと思いました。

帰りはもちろん、C列車に乗って帰りました。
大好きなアルバムが、目の前で完全に再現されたことが信じられないまま。

01.序曲(冬の朝)
02.恋するロデオ
03.さよならベイビー・ブルー
04.おっさん On The Corner
05.Mary Lou
06.C列車でいこう
07.おおハレルヤ
08.星の王子さま(バイオリンのための)
09.愛のテーマ
10.欲望
11.弦楽四重奏曲第9番ホ長調「東京」
- encore -
12.彼女を起こす10の方法
[PR]
by modsmiley | 2011-04-26 16:32 | 音楽